デイサービスを開業しよう【経営成功への道】

男女

海外赴任に必要な事

香港で働くためにビザを取得するには、事前に様々な必要書類を用意し現地に送らなければいけません。どんな書類が必要なのか予めしっかりと調べておき、不備のないよう余裕を持って作成しましょう。ビザの発給を待つ間は数週間程度の時間がかかるので、焦らずにその間に移住の準備を進めておくと良いと思います。

大まかな流れ

車椅子

ニーズを調べ経営に生かす

デイサービスを開業するには、場所や物件の調査、食器や事務用品の調達、集客などを経る必要があります。しかし異業種からデイサービス事業へ参入する場合には必要な知識がなく、申請に必要な書類を揃えたり商圏や物件調査をどのように行えば良いかわからないというところが少なくありません。特に今はデイサービスに参入するところが増えており、集客に苦労しているところもあります。集客するためには開業前にチラシの配布やポスティングを行う他、内覧会などを行う必要があります。ケアマネージャーに施設の利用を勧めてもらうことも大切です。また利用者のニーズをくみ取り、サービスに生かすことができると大勢の人に利用してもらうことができます。入浴支援などはニーズが高いので、車椅子に乗ったまま入浴できる機械浴ができると開業時のセールスポイントにできます。また短時間だけの利用や利用時間の延長が出来る施設も人気があります。あらかじめ利用者のニーズを把握しておくことが何より大切です。ニーズの調査やデイサービスを開業するためのノウハウをもっていない場合には、開業をサポートしてくれる会社を利用すると良いでしょう。申請や必要な物の調達、調査や集客など自分で出来ない分野だけ依頼することもできます。効率的に開業までの作業を進めることが出来るだけではなく、経営成功にも結び付きます。

緊急対応が可能

工場

大阪周辺の製造メーカーにとって、ブームとなった商品の製造を行う場合には、貸工場など既存設備を持った製造場所を確保しておくことが重要です。こういった物件を扱っている不動産業者は、状況に会った貸工場を紹介してくれるため、さまざまな場面で商談が有利に働きます。

より便利なシステムの導入

タブレット

posシステムレジの導入を考えているのなら、持ち運びができる便利なタブレットタイプも候補に入れましょう。バーコードスキャナーなどの各種機器と利用すれば、固定設置のレジよりもずっと便利に使えますので、快適さを求めるならタブレットをおすすめします。